なわとびのコツ

縄跳びが苦手な子供に贈る、縄跳びがとべるコツと練習方法

「縄跳び」が自然法則に反した運動であることをご存じですか?

人間はジャンプをする時に、無意識に腕を振り上げて勢いをつけます。垂直跳びや幅跳びもそうですよね。でも縄跳びだけはジャンプをするとき、縄を回すために腕を振り下ろす運動なんです。

子どもは自然な動きをしようとするのに、縄跳びは運動自体が不自然。思った通りに動いても上手には縄を跳べない。こうして子供たちの身体と頭は混乱します。

そう、子どもに縄跳びを教えるのは難しいんですよ。

  • 一般的に練習する年齢が低く、言語理解力が追い付かない
  • 大人もなぜできないかが理解できない
  • 単調な練習に集中力が続かない

この記事は縄跳びができなくて苦しんでるお子さん、縄跳びの教え方がわからずに悩んでいる大人向けに書きました。

ぜひお子さんと一緒に、練習する参考にしてください。

前とびに適した縄跳びを選ぶ

まずは前とびに適した縄跳びを選びます。間違った道具を使うと、上達を妨げてしまうので注意しましょう。

オススメの縄跳びは「ビーズロープ」

縄のまっちゃんがオススメしたいのが「ビーズロープ」です。でも、あまり聞き慣れない名前ですよね。ビーズロープとは写真のような数珠つなぎでビーズが通してある縄跳びのことです。


ビーズ・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

はじめて前とびを練習する子どもは回す感覚をつけるのが大切。ある程度の重さがあり、空気抵抗の大きい縄跳びを使うと、感覚が掴みやすくなるんです。

しかもビーズが地面にぶつかる音でリズムが掴みやすく、カラフルで子どもも楽しんで練習ができますよ!

ヒモ・布製の縄跳びは上達を妨げる

いまだに幼稚園・保育園で「ヒモ」のロープを使ってるところがあるんですが、布製の縄跳びはオススメしません。ヒモは軽すぎて回しにくい上、回転が付きにくいので失敗しやすいんですよ。

そもそもヒモ製の縄跳びは目的が違くて、電車ごっこやヒモ遊びをするために考えられています。縄跳びをとぶのには適していません。

どうしても指定の縄跳びなら仕方ないですが、できる限りビーズの縄跳びを選んであげましょう。

前とびの練習ステップ

では順番に前とびの練習を始めましょう。お子さんは大人に見てもらえると上達が早まりますので、ぜひお家の方が一緒に練習してくださいね。

障害物を飛び越える

まずは縄跳びをする前に、ロープや箱を飛び越える遊びをしてましょう。モノに合わせてジャンプをするのは、向かってくる縄跳びを飛び越す感覚を養います。

走って飛び越えるのは長縄の練習にもなります。慣れてきたら縄跳びや棒など障害物を動かして飛び越えてみましょう。

遊んでいるうちにドンドン上達してきますよ!

縄跳びを跳ばずに、前にまわす

つぎは写真のように縄跳びを後ろから前に移動させる練習をしてみましょう。このときはまだジャンプをしません。

とくに5歳~6歳の子どもは「回す」と「ジャンプ」が一緒になってしまうので、ジャンプをしないように注意しながら練習してくださいね。

足の前にある縄跳びを飛び越える

縄跳びを足の前まで回したら、下の写真のように動かさずに飛び越えてみましょう。

ここでポイントになるのは両腕の位置です。ジャンプをするときに腕を動かさないように飛び越えてみましょう。

冒頭でもあげたように腕を使わずにジャンプをするのは不自然な動作です。子どもにとってこの動きは初めての経験になります。

腕が動いて上手に縄跳びを飛び越えられないときは、大人が縄跳びを地面で押さえてあげてください。何回か練習すればすぐにできるようになりますよ!

縄跳びを連続でとんでみよう!

上記の2つができたら、いよいよ縄跳びを連続でとぶ練習に挑戦します。

まずは、縄跳びをまわすよ!

つぎに、縄跳びを飛び越えるよ!

これらのアドバイスをかけてあげてください。とくに初めのうちは回す・ジャンプが一緒になってしまいやすいので注意しましょう。

1回でも跳べたら、再び前に回して続けましょう。

ゆっくり回してとぶを繰り返していくと、徐々に動きがスムーズになって縄跳びを連続で跳べるようになります。

連続で飛べない苦手な子への声かけのコツ

縄跳びを教えるのが大変なのは、できない子供とぶつかってしまうからです。

でもこれ、あなただけじゃありません。お子さんと一緒に練習するのは簡単なことじゃないのです。

大変だというのを承知した上で大切なのは、思いっきり褒めて認めてあげることです。できるだけネガティブな言葉を掛けず、頑張りを褒めてあげましょう。

あなたがネガティブな言葉をかければ、子どもはネガティブな態度で返します。

あなたがポジティブな言葉をかければ、子どもはポジティブな態度が返します。

時間はかかるかもしれません。他の子と比べて遅れて焦る気持ちもあるでしょう。でもここは我が子を信じて、跳んだ回数を数えてあげましょう。

もどかしい事もあるかと思いますが、焦らずに見守ってあげてください。

前とび教え方のコツとワンポイント

子どもは集中力が続きません。子どもだから仕方ないですよね。ここでは上達を助けるコツや集中力を持続させるワンポイントを紹介します。

リモコン持ちで正しくグリップを握ろう

4-5歳の子どもには、縄跳びを正しく握れていない子も少なくありません。

写真のように親指を立てて、リモコンのボタンを押すように握りましょう。この持ち方をリモコン持ちといいます。

リモコン持ちの例

 

逆にじゃんけんのグーのように親指を握り込んではいけません。これだと力が上手に伝わりませんので、必ず親指は出してグリップにくっつけてくださいね。

程よく力も抜けてスムーズに回しやすくなります。

ダメな持ち方の例

縄跳びにおもりを付ける

ロープを回す感覚をつけるために、縄跳びにおもりを付けてみましょう。写真のようにトイレットペーパーの芯を通すだけで簡単に作れます。

遠心力で中央におもりが勝手に移動してくれる

ビーズロープは重さがあるので良いのですが、ヒモ製やビニール製の縄跳びは軽すぎるんです。またどこでジャンプをするかの目標物ができるので跳びやすい。

音も出て子どもが楽しめるのでオススメですよ!

縄跳びなしでジャンプの練習をする

両足ジャンプが安定しないときは、大人と一緒に手を繋いでジャンプをしてみましょう。年上の兄弟がいる場合は、お兄ちゃんお姉ちゃんでも良いですね。

体が触れ合った状態だとジャンプのリズムを掴みやすくなります。

またジャンプと腕を切り離す効果もあるので、子どもが前とびの練習に飽きてきたら一緒に動いてみてくださいね。

縄跳びで上手な「ジャンプ」をするために気を付けたいポイント | なわとび1本で何でもできるのだ

縄跳びに新聞紙を巻いてみる

すごく突拍子もない練習ですが、縄跳びに新聞紙を巻いて練習する方法があります。ロープの柔らかい部分が減ることで、回す感覚をつかみやすくなるのです。

3歳~4歳の子供は柔らかい縄跳びに上手に力を加えられません。

新聞紙を巻くことによってちからの伝え方が理解しやすくなるのです。

縄跳びが新聞紙で上手になる!?ユニークな前とび練習法を紹介 | なわとび1本で何でもできるのだ

縄跳びにラップを通してみる

どうしてもヒモ製の縄跳び練習をしなければいけないとき、写真のようにラップの芯、もしくはトイレットペーパーの芯を通す練習があります。

ラップの芯を通すことでロープが重くなり遠心力が生まれます。すると回転させる感覚をつかみやすくなるのです。

あくまで応急処置的な練習方法ですので、可能ならば飛びやすいビーズロープを使いましょう。

二人とびをしてみる

1本の縄跳びで一緒に跳ぶ「二人とび」をしてみましょう。大人が回してあげればリズムも掴めて、上達を手助けできます。

このとき、回す人の体の一部に触りながらやってみてください。不思議と体が触れ合ってるだけでお互いのリズムが伝わるんですよ。もしくは洋服の裾を掴ませてあげても良いですね。

前とび練習でとても大切なヤル気を維持させるには、誰かと一緒にするのが一番なんです。

縄跳びは何歳からとべるのか?

なわとびを初めて持つのは学校や地域によってマチマチです。

小学校の体育で初めて練習する人もいるし、通っている幼稚園・保育園によっては3-4歳の年中から縄跳びをする場合もありますよね。

縄跳びの練習は4~5歳、年中~年長でスタートするのがオススメです。

3歳でもできないことはありません。しかしまだ個人差が大きい年齢のため、早生まれのお子さんだと難しいことも。また理解力や集中力も未熟なため、焦って3歳でやらせることはないでしょう。

4歳~5歳になると大人の指示を理解できるようになります。また運動能力も縄跳びをとぶのに十分発達していく子が増えていきます。

関連記事:縄跳びはいつから練習させる?子供の成長に合わせたタイミングとは | なわとび1本で何でもできるのだ

参考図書と紹介したなわとび

前とびを練習するとき、大人と一緒に練習するのが一番の上達のコツです。

1人で黙々と練習を続けるなんて大人だって大変ですから。成功を一緒に喜んで、失敗を一緒に悔しがる。少しずつ上達するのを子供と一緒に楽しんでみてください。

あなたが笑顔になる瞬間こそ、子どもが最高の笑顔を見せる瞬間ですから。


ビーズ・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

この記事に練習方法に具体的な課題を盛り込み「なわとびカード」としてまとめました。子供の自然な上達を促し200人以上が実践したカードです。

なわとびカードの詳細はコチラ