なわとび伝導師「縄のまっちゃん」のプロフィール

縄のまっちゃんプロフィール

なわとび伝導師の粕尾将一こと、縄のまっちゃん(@macchan8130)です。

これまでずーっと縄跳び1本で人生を切り開いてきました。ここでは、縄跳びに出会って今までどうやって縄跳びだけで歩んできたかを簡単に紹介をしますね。

これまでの経歴と実績

  • Cirque du Soleil 常設講演「La Nouba」に2010年~2015年まで出演
  • なわとび競技アジアチャンピオン 個人総合優勝 2004年、2005年、2009年
  • なわとび競技全日本チャンピオン 個人総合優勝 2005年、2007年、2008年

 

  • 一般社団法人日本なわとびアカデミー代表理事
  • 日本ロープスキッピング連盟 副会長
  • Asian Rope Skipping Association Director

 

  • 全国の学校に出張指導で訪問。これまで15年間で約600箇所へ訪問
  • ノマド的節約術さまと年間スポンサー契約(2016年~)
  • 定期開催のJJRA名古屋なわとび教室を指導
  • 上記なわとび教室より2018年ジュニア世界チャンピオンを排出
  • 単著「どの子も夢中になる「なわとび学習カード」」を出版(2018年)
  • 「オドぜひ」「UP!」「花咲かタイムズ」「キャッチ」など各種東海地区のテレビに出演
  • 名古屋まつり2018に上記なわとび教室生徒とパレードで出演

なわとび伝導師をはじめたキッカケ

高校生でなわとび1本で生きると決断する

高校生2年(2002年)の時、偶然インターネットで見つけた師匠であるNAWA-NAWAの影響を受けて縄跳び競技を始めます。のめり込むように練習を続けて、気づけばアジアチャンピオンに上り詰めました。

そこで、競技を自分がやるだけじゃなくて、子どもたちに教えることができれば仕事にできるかもしれない!と一念発起し、2003年にはじめてのボランティアで初の小学校出張指導を行いました。高校2年の冬のことでした。

あっという間に噂が広がり、高校3年生では20校を超える小学校に訪問。縄跳びパフォーマーとして演技を披露したり、子供に教える楽しさに魅了されました。

このとき「このまま縄跳びで生きていこう!」と決断しました。

筑波大学で本格的に理論を学び、蓄積をする

日本一の体育の勉強ができる筑波大学にAC入試(一芸入試)で合格し、なわとびだけ切り開く人生がスタートしました。スポーツ科学を中心に「生理学」「教育心理学」「コーチング理論」などを学び、なわとび競技と指導に生かせるノウハウ研究に没頭します。

筑波大学に入ってからも近隣のつくば市小学校訪問を中心に活動を続け、年間で100箇所を超える小学校やイベントから声がかかるようになりました。

いまこうして指導をしている内容も、もとを正せばすべてが筑波大学で学び研究した理論がベースになっています。

右ヒザ前十字靭帯断裂の大怪我、挫折から転換期

右ひざの前十字靭帯断裂で選手生命の危機

2006年の夏、パフォーマンス中の着地に失敗し、右ひざの前十字靭帯断裂の大怪我を負います。ヒザの靭帯は完全に切れてしまい、手術を余儀なくされます。

手術後は日常生活に戻るまでに1ヶ月、走れるまでに3ヶ月、本格復帰に6ヶ月が必要と診断されました。もっとも波に乗っているタイミングで、選手生命の危機に立たされたのです。

何もできない病室で考えていたら「競技を続けるのは怪我や年齢で限界があるかもしれない。でも、『なわとび』というものを通じてできることは沢山ある!!」と気付きます。

この怪我をキッカケにして「パフォーマンス」と「指導」に対してより真剣に向き合うようになりました。

日本初、つくば市で「まっちゃんのなわとび教室」を開催

右ひざの前十字靭帯断裂をきっかけに、指導や後人育成に強い興味がわきます。

このタイミングで知人の紹介で「NPO法人アクティブつくば」と出会い、日本初となる定期開催のなわとび教室「まっちゃんのなわとび教室」をスタートさせます。

習い事でなわとび?ほとんどの人が疑問を投げかけましたが、スタートこそ10人弱で始まったなわとび教室が、多いときには100人を超えるまでの大規模な教室に。

2019年現在のトップ選手は、元々まっちゃんのなわとび教室の生徒だった選手がほとんどです。あの教室で、日本やアジアを牽引するトップ選手のキッカケ作りができたのかと思うと、なんとも嬉しい限りですね。

なわとび競技を引退。世界の舞台へ跳びだす

シルク・ドゥ・ソレイユと専属契約で渡米

怪我と体力の限界を感じ、2009年夏になわとび競技選手の第一線から引退します。

なわとびパフォーマーとして子ども達に縄跳びを伝える仕事をしようと考え始めたのもつかの間、世界的エンターテインメントサーカス集団「Cirque du Soleil」との専属契約の話が持ち上がります。

当時は筑波大学院で体育科教育の研究をしていましたが、二つ返事で中退して渡米。アメリカはフロリダ州オーランドにある「Disney World」内の常設シアターでソリストとして出演します。

競技とは違うエンターテインメントの世界。言葉や文化の壁を超えて仲間たちと作り上げる世界トップレベルのサーカスショー。2015年契約満了までの約2500回の長期出演を通じて、人に魅せるパフォーマンスとはなにか?を骨の髄まで学びました。

シルク・ドゥ・ソレイユを契約満了で終了

2015年、出演していたシルク・ドゥ・ソレイユ「La Nouba」から、大人の事情でなわとびアクトが無くなる決定がされました。平たく言えばリストラですね。

契約がなくなればビザの関係でアメリカに居ることもできず、2016年の年始に帰国を余儀なくされます。帰国とはいっても30歳目前でなわとび以外に何もやってこなかった人間です。

これからどうしようか・・・?

どん底の心境で帰国の途につき、死に物狂いでリストラ後の生きるための戦略を考えては実行に移します。この中で素晴らしい出会いと仲間に恵まれ、帰国後半年ちょっとでノマド的節約術の松本さんと年間スポンサー契約を結ばせてもらいました。

松本さんのおかげで一気に活動の幅も広がり、感謝してもしきれません!!

スポンサードをしてくださってる「ノマド的節約術」の松本さんと

名古屋を拠点に「なわとび指導」のパイオニアになる

シルク・ドゥ・ソレイユとの契約満了後は、愛知県名古屋市を拠点になわとび活動を開始します。

大学時代に過ごした関東には、既になわとび競技選手がたくさんいました。関西にも別の人が作った拠点があり、なわとび選手がたくさんいます。

だったら、誰もいない場所で新しい拠点を創るほうがオモシロそう!!!!!!

こんな発想で新天地「名古屋」で拠点づくりをはじめました。ゼロから創り始めるのが好きですからね。

2016年9月から「JJRA名古屋なわとび教室」をスタートし、同年の12月に開催された全国大会でいきなり優勝選手を輩出。

2017年の全国大会でも上位選手を輩出し、2018年のWorld Rope Skipping Championships 2018 in Shanghaiでは、ジュニア部門フリースタイルの世界チャンピオンが名古屋に誕生しました。

同年に設立した一般社団法人日本なわとびアカデミー・JJRAを通じ、なわとび指導のパイオニアとして日々研究を続けています。

2018年10月には初の単著「プロのなわとびパフォーマーが教える! はじめての前とびからスペシャル技まで どの子も夢中になる「なわとび学習カード」 (体育科授業サポートBOOKS)」を明治図書出版から出版しました。

これまでの子どもたち、お客様の声

小学校への出前授業、出張指導では頻繁に子どもたちのお手紙を貰います。全部を出すとダンボール何箱分もあるので、一部だけ抜粋して紹介します。

  • 私は二重とびがあまりできません。でも粕尾さんのパフォーマンスを見たとき、私も二重跳び「がんばろう」というふうに思いました。粕尾さんのパフォーマンスが私の心を動かしてくれました。本当にありがとうございました。これからもパフォーマンスを頑張ってください。<6年生女子>
  • 粕尾さんのおかげではやぶさや二重跳びが上達しました。1時間目のパフォーマンスでは六重跳びやシルクドソレイユでやられている演技をみせていただき、そのおかげでなわ跳びがもっと好きになりました。なわ跳びは自分でやって楽しむだけでなく、人がやっているのをみて楽しむことができることを粕尾さんのおかげで知ることができました。<6年男子>
  • パフォーマンスでは縄をまるで生きものみたいにあやつったり手と足をからませながら何重跳びもやったりとても心に残りました。縄跳び教室ではたまを作って長さをちょうせつしながら跳ぶことを教えてくださったおかげで今まであまり跳べなかった二重跳びができるようになりました。<6年生男子>
  • なわとび教室では、楽しく、おもしろく、ゲームみたいにできて、とても分かりやすかったです。<6年生女子>
  • 粕尾さんにおそわった練習方法でぜひはやぶさにチャレンジしたいです。努力すれば夢は叶うということがよくわかりました。<6年生女子>
  • パフォーマンスを見て、ものすごく感動しました。また、なわとびが上手ではない私でも、努力すれば上手になれるんだなと粕尾さんのパフォーマンスを見て思いました。そして、なわとび教室ではいままで以上に、なわとびが好きになりました。あと、私は粕尾さんのようにいっしょうけんめい努力し、夢を叶えられるように、頑張りたいと思います。<6年女子>
  • 自分は習い事で空手を習っています。粕尾先生のように、努力して一流の選手になれたらいいです。<5年生男子>
  • ぼくは剣道をやっています。いっしょうけんめい練習して、粕尾しょういち先生みたいにうまくなれるようにがんばりたいです。<5年男子>
  • 私はパフォーマンスを見た時、「サーカス団になりたい」と思いました。ふつうの人はできないことを、人一倍努力して、パフォーマーになったことにあこがれました。<5年生女子>
  • なわとび教室は、とても楽しく、真剣にやることができました。<5年生男子>
  • わたしは二重鳶が3回しかできなかったけれど、リモコンもちを教えてもらって、11回できるようになりました。<4年生女子>
  • わたしは二じゅうとびがとべませんでした。でもかすお先生に教えてもらったおかげで、二じゅうとびがとべるようになりました。<3年女子>
  • いろいろな遊びをおしえてくれてありがとうございす。とてもつかれたけど、たのしかったです。おしえるのがとてもわかりやすくてすごくたのしかったです。<3年女子>
  • またかすおしょういちさんがきて、またあたらしいとびかたともちかたとかをもっとおしえてもらいたいです。<3年男子>
  • ぼくはなわとびがとくいではないです。おもしろいもち方や、とび方を教えてくれたのでがんばりたいと思います。<3年男子>
  • これからもなわとびをつづけて先生みたいになわとびをとんで大会にでてみたいです。<3年女子>
  • ぼくもしょういちさんみたいにわざをみがいて、なわとびをじょうずにしたいです<2年男子>
  • わたしはまえ、なわとびがあまり、とくいではありませんでした。でもきょうおしえてもらったおかげで、なわとびがとくいになりました。<2年生女子>
  • ぼくもプロになりたくなって、休み時間にいっぱいれんしゅうしました。<2年生男子>
  • ぼくもかすおさんみたいになりたいです。ぼくもかすおさんみたいにがんばります。<1年生男子>
  • なわとびをもっとじょうずになりたいです。わたしはこれからもれんしゅうがんばります。<1年生女子>

※いずれも原文まま転載。

縄のまっちゃんの授業とデモンストレーション

縄のまっちゃんはこれまでの経験を通じて得たことを、子どもたちにダイレクトにお届けます。

  • なわとびの上手になる方法、練習のコツやアドバイス
  • 子ども達が熱狂的に楽しむ「なわとび授業(45分)」の提供
  • 世界に認められたなわとびパフォーマンスやデモンストレーション
  • 将来の夢や進路を見つけるためのヒント

縄のまっちゃんの「なわとび授業」は、子ども達が45分間ほとんど止まらずに動き続けます。むしろ、大半の子が休憩を挟んでもスグに練習を始めてしまいます。

縄跳びが楽しくて仕方ない!はやく縄跳びをしたい!!

子ども達はたった45分間で溢れんばかりの意欲で一杯になるんです。また授業ではまっちゃんが小学生の頃の様子にも触れます。これにより、自分でもできるんだ!頑張ればまっちゃんみたいに上手になれるんだ!と、子どもが自信を持てるのです。

授業後には「二重跳びができた」「はじめてハヤブサが跳べた」「記録が伸びた」というたくさんの声を聞くことができます。

  • 縄跳びの授業を行う前に子どもの意欲を高めた
  • 二重跳び、交差跳びなどの個別の技の教え方を知りたい
  • なわとびの授業の組み立て方がわからないのでヒントがほしい

上記のような要望を持つ小学校から、毎年たくさんの依頼を頂いております。

一人でも多くの子どもに感動・達成感・笑顔を届けたい

なわとび伝導師として、子供の笑顔を見る瞬間が一番の喜びです。

デモンストレーションでなわとびの本物に触れた瞬間、驚きと感動で笑顔が溢れます。

なわとび授業で初めて二重跳びが跳べたとき、飛び上がりながら喜びを爆発させます。

縄跳びを通じて、一人でも多くの子供達に感動と達成感、そして笑顔を創ることが縄のまっちゃんの喜びであり夢です。

縄のまっちゃんのプチ情報

  • 本名は粕尾将一(かすおしょういち)国内に50程ほどしか居ない珍しい名字
  • 1986年3月18日生れ、妻と元気がありすぎる息子と3人暮らし
  • Disney World近郊に住んでいたのに、ほとんどディズニーに興味がない
  • ドラえもん大好き。映画のセリフはほぼすべて記憶してる
  • ブログ運営が大好き、Webサイトを創るのも大好き(このサイトも自分で創ってます)
  • 名古屋のお隣、蟹江町に自宅兼スタジオを建てる。レンタルスペースLOOPとして経営中
  • 息子5歳が2018年12月に二重跳びを初成功!親ばかを発揮。
  • 縄のまっちゃんが二重跳びができたのは小学校3年生。1年のときは前跳びすら微妙。
  • 好きな言葉 ⇒ 好きこそものの上手なれ
  • 苦手なモノ ⇒ 梅干し、セロリ

 

全国どこでも「なわとび1本」で伺います

子どもに感動と達成感、そして笑顔を届けたい。この想いで国内外どこでも出張しています。

小学校だけでなく幼稚園・保育園、中学校・高校・大学などからもご依頼を承ります。指導やパフォーマンス、講演会など可能な限りご希望に合わせた内容で対応させていただきます。