縄跳びはいつから練習させる?子供の成長に合わせたタイミングとは



こんにちは!

日本なわとびアカデミー代表のまっちゃんこと、粕尾将一(@macchan8130)です。

アカデミーにはたくさんの小学生が通っています。でも中には中学生や幼稚園生も頑張って一緒に練習しています。

でも年中、年長だと親御さんが「まだ小さいですけど大丈夫ですか?」と不安そうに質問してきます。

では縄跳びを始める年齢はいつからがいいのでしょうか?15年以上に渡ってなわとびを子供たち教えてきた経験から解説します。

いつからやるか?年中(4歳~5歳)がオススメです

これまでの経験上、自力で回して跳ぶ「1人跳び」ができるのは年中さん以上です。

年少(3歳~4歳)でも頑張ればいけますけど、割合としてはかなりの少数派。また生まれ月によって成長の差が大きい時期でもありますので、年少でのスタートはあまりおすすめできません。

4歳~5歳になると一度に複数の運動を組み合わせられるようになります。たとえば縄跳びの場合「ジャンプ」「まわす」「バランスをとる」の3つが必要です。

このような複座うな運動をするににも、やはり4-5歳ぐらいが妥当だと考えています。

保育園・幼稚園の取り組みも年中スタートがほとんど

毎年の出張指導で幼稚園、保育園にもたくさんお声掛けいただきます。

するとほぼ全ての幼稚園、保育園での年中から縄跳びを始めてるんですよね。最初はちょっとした紐遊びから、徐々に縄跳びっぽい動きに変わっていく。

興味を持った対象に対して「理解力」と「身体能力」がやっと追いついてくるんですよ。

はじめはギコチナイですが、少しずつ前跳びのような動きができます。さらに進めば普通に前跳びを跳ぶ子もいます。

きっとこれ以上早い段階ではじめての、上手くできずにスグに投げ出してしまうことでしょう。やる気を損なわないという意味でも、4-5歳が一番オススメの時期なのです。

子供が興味を持つキッカケを作る

じゃ年中になったら、いきなり始められる?という訳には行きません。子供が興味を持って自ら縄跳びを手に持たないと何も始まらないんです。

おもちゃ箱の中にひっそり縄跳びを忍ばせておくとか、お家の方がときどき公園で遊ぶときに縄跳びを取り出してみるとか、子供の世界に「縄跳び」を存在させることが興味を生むきっかけになるのです。

得てして親の思いと子供の興味はすれ違います。あなた自信も子供も、別の人格だからです。

無理やり親の意向を押し付けてもいい事ありません。徐々にうまく逃げる方法を見つけるようになり、それでも押し付けが続けば、永久に運動が嫌いになってしまう恐れがある。

いつから縄跳びを始めるか?は4-5歳がオススメです。これ以上早く焦って練習するよりも、徐々に興味をもたせてこの時期に練習をスタートさせるぐらいが丁度いいと考えています。

関連ページ
日本なわとびアカデミーの主催する「なわとび専門指導」の教室です。

JJRAなわとびスクール名古屋



関連記事