こんにちはー。スーツケースを出張で使い倒してる、縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

たくさんの荷物をラクに移動できるのでスゴイ便利です。ただ、同じスーツケースでも海外旅行と出張では選び方のコツが違うんですよ。

そこで街歩きをする出張にオススメのスーツケース・キャリーケースを比較しながら紹介します。

ドイツの老舗ブランド「RIMOWA(リモワ)」

まずはじめにオススメしたいのがドイツの老舗ブランド「REMOWA」ですね。いまでも職人さんの手作りで1つずつ丁寧に組み上げられ、購入から5年間の保証付きという驚きの自信。

自分もREMOWAを愛用してまして、出張では常にお供に持っていきます。

なによりオススメポイントは壊れないこと。スーツケース・キャリーケースの最大の弱点は壊れることですからね。出張先で車輪が壊れたら、まじで目も当てられません。この点、REMOWAのスーツケースは抜群の安心感です。

偽物や類似品が多いのもリモワの特徴の一つ。それほどにブランドとして確固たる信頼があるんでしょうね。

Samsonaite(サムソナイト)は痒いところに手が届く

こちらはアメリカの老舗スーツケースブランド「Samsonaite(サムソナイト)」です。最後の最後までリモワとどちらにするか悩んだスーツケースですね。

サムソナイトは軽量で丈夫、なによりかゆいところに手が届く作りが好きですね。

たとえば、街歩きで小物を取り出したいことありますよね?サムソナイトは、ハードケースなのに外側にポケットが付いてるモノがあるんです!

パソコンや手帳など、とっさに取り出したいものを入れておくのにマジで便利です。

半スーツケース半バックにできる「Tumi(トゥミ)」

こちらもアメリカのブランド「Tumi(トゥミ)」です。いまのリモワを使う前に愛用していました。

もともと友人が使っていたのを見て、性能の違いに驚いたのが始まり。2000円ほどで量販店で買ったスーツケースが破損し、大阪で大変な目に遭ったのがTumiを買おうと決心した理由です

Tumiは写真のような「布製スーツケース」がオススメで、ポケットがたくさん付いているので「半スーツケース・半バック」として使うことができます。

容量が足りなくなって違うモノに移りましたが、車輪はもちろんジッパー1つ、最後まで破れませんでした。

安物買いは結局損をする

これまで、いくつものスーツケースやキャリーケースを買ってきました。その中で気付いたのは「安物買いの銭失い」がスーツケースにはよく当てはまること。

決して安いものじゃありません。でも本当にいいモノは、長く使い続けられる品質が保証されています。たった1回の旅行で使い捨てにするようなモノのとはワケが違います。

街歩きや出張では通常の旅行よりも長くスーツケースを持ち運びます。つまり消耗部品への負担が旅行よりも大きいのです。事実、自分は大阪の地下街でスーツケースが破損して途方に暮れました。

安いものはいつ壊れるかわかりません。多少値が張るとしても、早めに長く使えるスーツケース・キャリーケースを持っておいたほうが良いですよ。

いいモノは、一回買えば末永く愛用できますから。

スーツケースは二輪と四輪のどっちが良い?メリット・デメリットと選び方のポイント

2016.11.21



関連記事