こんにちは!

日本なわとびアカデミー代表の粕尾将一(@macchan8130)です。

あやとびは学校で習う縄跳びでもつまずく子供が多い技です。うでを交差するのを、年中・年長・低学年だと理解しにくいんですよね。

この記事では「交差跳び」から「あやとび」になるまでの練習方法と、交差をするのに適した縄跳びや参考図書を紹介しています。学校でお子さんが縄跳びを始めた人は参考にしてください。

これまでにない、新しいなわとびカードを作りました。

順番に課題に取り組むだけで上達する「スモールステップ」を取り入れ、これまで200枚以上売れています。

交差跳び・あやとびは、どっちから練習する?

誤解されてる人が多いんですけど、あやとびの方が交差跳びより難しいです。学校で配られるなわとびカードだと「あやとび」⇒「交差跳び」の順番で書かれることが多いですが、本当は逆なのです。

なので記事ではまずは交差跳びを練習するところから、あやとびに繋げる練習をします。

あやとび・交差跳びに向いている縄跳びの選び方

練習に入る前に、大切な道具の選び方を紹介します。道具の選び方1つで上達を大きく左右するので注意してくださいね。

縄跳びの素材

交差跳びはロープの形が崩れにくい縄跳びがオススメです。クセがついたり、柔らかすぎるとやりにくいです。

一番のオススメはビーズロープで、クセがつかない上にロープのコントロールがしやすい。ある程度の重みもあることで、交差をする感覚をもつかみやすいですね。


ビーズ・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

ビニール製の縄跳び悪くありませんが、ビーズに比べると癖が付きいやすいですね。またロープが軽いので交差の感覚を掴むのが少し難しいかも。

ビニール製を使うなら、やや硬めのロープを選びましょう。硬いほうがコントロールがやりやすいんです。


フリースタイル・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

一番ダメなのがヒモ製の縄跳びですね。こちらは柔らかすぎてコントロールしにくい。くわえて軽すぎるため、子供が頑張って交差しているのに、ロープが付いてこないんです。

もし小学校に上がるタイミングでヒモ製の縄跳びを使っていたら、ぜひこのタイミングで新しい縄跳びに買い替えてあげてください。

縄跳びの持ち手の長さ

交差跳びはお腹の前で大きくクロスを作ります。このとき、持ち手(=グリップ)が長いほど、交差を効率的にやることができます。

短いグリップだと深く交差する必要があります。でもはじめての子は深く交差できず、上手く回せません。小学生用の縄跳びは短いグリップのものが多いですが、できれば長めのグリップがついてリウ縄跳びを選びましょう。

上達を妨げるなわとび

ロープの素材が軽すぎる縄跳びは上達を妨げます。交差をする瞬間、思ったようにロープが動いてくれずに引っかかってしまうからです。

一番ダメなのがヒモ製の縄跳び。いまだに幼稚園・保育園で一斉に購入して使っている所もありますが、ぜひ子供の上達を考えたら「ビーズロープ」か「ビニールロープ」にしてください。

【関連記事】【小学生向け】小学校にオススメ縄跳びは?プロが素材やメーカーで徹底比較 | なわとび1本で何でもできるのだ

交差跳び練習の流れ

ここからは具体的な練習の方法を紹介します。まずは交差跳びの練習から入ります。交差跳びができたら、次はあやとびに入るようにしましょう。

縄の握り方はリモコン持ち

縄跳びの持ち方は下記の写真のようなリモコン持ちにします。とくに年中・年長・小学校低学年だとグーで握ってしまう子供が多いので注意してください。

ダメな持ち方の例

リモコン持ちの例

跳ばずに交差で止める

交差跳びはいきなり跳びません。まずは下記の写真のように交差の状態で縄跳びを足に引っ掛けてみましょう。

交差のまま足でロープを止める

このとき前とびからではなく、前とびの姿勢から一気に交差の姿勢にするのがコツです。いきなり前とびを入れてしまうとタイミングを掴むのが難しく、交差に集中ができません。

詳しくはこちらの動画も参考にしてください。

前とび3回から交差跳びに入る

交差で上手にロープを止められるようになったら、次は前とび3回から交差跳びをします。このとき、回数を3階に決めておくのが大切です。

交差跳びで大切なのはどのタイミングで交差に入るか?です。

いつも前とび3回から入ると決めておけば、タイミングを掴みやすくなりますよね。しかも入るタイミングで混乱しなければ、上手に交差をすること集中できます。

慣れてきたら、前とび3回から連続で交差跳びをしてみましょう。交差に集中できていれば2-3回はスグにできますよ!

あやとび練習の流れ

交差跳びは跳べるようになりましたか?あやとびを練習するには、交差跳びができることが前提です。

まだ交差跳びができない人は、1つ前の交差跳びを練習してからはじめましょう。最低1回以上交差跳びができるようになってから、下記のあやとびに取り組んでください。

交差跳びの姿勢から前とびに戻る

あやとびには、交差に入る・交差から戻るの2種類の動きがあります。交差跳びの練習の段階で「交差に入る」はやりましたので、つぎは交差から戻る練習をします。

まずは交差跳びの姿勢から、前とびの状態でロープを止めてみましょう。

交差の姿勢から縄跳びを回す

開いて前とびの姿勢で止める

交差の姿勢から回すことで、いつ開いていいか?を理解できます。また跳ばないので腕の動きだけに集中できるメリットもあります。

やや交差跳びの姿勢で回すのは少し難しいですが、焦らず1つずつ課題を練習するのがコツです。詳しく下記の動画を参考にしてください。

前とび3回・交差跳び1回を繰り返す

交差に入るタイミング、そして交差から戻るタイミングを理解しました。次は前とび3回・交差跳び1回を繰り返します。

最初は前とび3回から始めて、いつものように交差跳びに入ります。そして1回でも跳んだら、次にまた前とびを3回して交差跳び。これを何度も繰り返します。

前とびの回数が3回ですが、交差に入る・交差から戻るの両方の動きがあります。もしどうしても引っかかる場合は、1つ前の課題に戻ってみましょう。

前とびの回数を減らしてあやとびにする

前とび3回と交差跳び1回ができたら、あとは前とびの回数を減らしていきます。まずは前とび2回に挑戦して、最後は前とびを1回だけにします。ここまで来たら、あやとびの完成です!

交差に入る・戻るのタイミングが理解できればすんなり回数を減らせますので、ドンドン勧めてみてください。

次からは個別の事例に合わせたワンポイントアドバイスを紹介します。ここまでの練習方法でうまくいかない人は参考にしてくださいね。

ワンポイントアドバイス

上記までで練習の流れは終わりです。ここからは個別に失敗しやすい事例をあげて、どうすればいいか?をワンポイントアドバイスとして紹介しますね。練習してもうまくいかない人は参考にしてください。

交差をするまえに開いてしまう

本人はやってるつもりだけど、交差をする前に腕を開いてしまう子供がいます。これは交差のタイミングをつかめずに、焦って腕を動かしているのが原因です。

この場合は焦らずに交差だけに集中する練習をしましょう。跳ばずに交差で止めるを参考にしてください。

交差で引っかかってしまう

上手に交差できているはずなのに、なぜかロープが引っかかってしまう。これは交差をする場所・目線の作り方で改善する事が多いですね。

交差をする場所が高すぎると、ロープが空中に浮かんでしまう上手く跳べません。かならず交差した時に地面いつくようにしましょう。また正面を向いていると交差が浅くなりやすいので、交差のタイミングでつま先を見るのがオススメです。

無意識に肩が狭まって交差が深くなり、縄跳びが地面につくようになります。

後ろ交差ができない

前回しの交差跳びができたら、後ろ回しもやりたいですよね。後回しの交差跳び・あやとびも練習の流れは同じです。唯一違うのは交差の姿勢で止めるときに、最初から腕を交差させた状態で回すのが良いでしょう。

後ろ交差はこちらの動画で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

交差跳び・あやとびの参考図書と紹介した縄跳び

いかがでしたか?

なぜか世間では「あやとび」と「交差跳び」の指導が逆に行われていますが、本当は交差跳びから練習したほうが良いです。また縄跳びの選び方1つで上達が本当に違うので、くれぐれもヒモ製の縄跳びで無理強いをしないでくださいね。

最後にこの記事で紹介した縄跳びと参考図書を掲載しますので、お子さんの練習の助けになったら嬉しいです。

フリースタイル・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

ビーズ・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

これまでにない、新しいなわとびカードを作りました。

順番に課題に取り組むだけで上達する「スモールステップ」を取り入れ、これまで200枚以上売れています。



関連記事



7 件のコメント

  • とても参考になりました。「子どものころいつしか身につけた技」は説明が難しいですね。難易度の高い技のほうが、意識して身につけた分、自分の苦労を説明に入れられて楽なのかもしれません。そういう意味でもうれしい内容でした。
    個人的には、「縄跳びの先を外側に向ける」に目が覚めました。実は、前はやぶさでやたらと縄がからまるようになってしまって、悩んでいたところだったんです。いろんな技を覚えた慢心からか、すこしでも素早くC→Oの動きをとろうとして、対応できないコンパクトさになって勢いを殺していたことに気づきました。ちゃんと、自分の腕前に合った縄の運びをしないとだめですね……。

  • 長くなってすみません。よろしければ教えてください。
    以前はあまりこういうこと(C→Oのときに縄のクロス部分が接触してそのままねじれにつながる)はありませんでした。C→Oの入る技をされるとき、クロス部分の接触はどんな感じですか?

  • とびまるさん
    いつもコメントありがとうございます。
    O→Cの時は縄のねじれはありませんか?
    考えられる原因としては、
    「縄の回転子が上手く機能していないこと」
    「交差を開くときの両腕が近すぎる」
    「交差の回旋を最後までせずに強引に開いてしまっている」
    あたりです。
    1つ目は縄を浮かべて近づけただけでも捻れるのでスグに分かると思います。
    2つ目はちょっと細かいことなんですが、「交差を開く」ときは、ホンの僅かだけ交差の上に来る腕が先に開きます。「交差に入る」ときは反対に下の腕を先に交差し始めます。
    最後の3つ目は、映像などで見ると分かりにくいですが、交差の腕の開き方は「八の字」のイメージで、ちょっとだけ両腕を前に投げ出すように開くと良いです。横方向強く開こうとすると、捻れや縄同士の接触の原因になります。
    実際の映像があればより的確なアドバイスが出来ると思いますが、是非上記3つを確認してみてください。

  • ありがとうございました。
    意識しつつやってみたら、あっという間に勘が戻りました。あと、回転子が片方だけひっこみやすくなっているのにも気づきました。ときおりねじれは起こるので、そろそろ縄の交換時期かもしれません。粕尾さんの過去の記事にも交換は大切とあったので、新しくしてみます。
    でも、今のは愛着があって、切れても持ち続ける気がします。楽しい時間を知った最初の相棒みたいなものなので(笑)。

  • Twitterにあった練習法希望ですが、「かえし」なんてどうでしょうか。
    これまで(数年ですが)小学校で見てきた感じだと、これが壁になっているように見えます。交差、あや、二重、サイドスイングまでは、大げさに言えば腕をなんとか回せばできてしまいますが、かえしの手首のテクニックは、先生たちでも別物で、できない人もいます。九九みたいに必須に近いものではなく、上級編のような感じで紹介される技なので、たいてい「できなきゃできんでいい」でシーズンが終わる子が多いんですよね……。

  • とびまるさん
    縄への愛着、すごい分かります!自分もShowにデビューしてからの縄を全て保管してあって、何となく交換のときは寂しい思いになります。
    さて、さっそくの提案ありがとうございます。「かえしとび」ですね。確かに跳ばない技ゆえ、何となくで見過ごされがちな技の一つですよね。かえしとびに関する文献やら研究をもう一回ひっくり返してみたいと思います!

  • 遅れましたがありがとうございます。
    私もネットだけでも確認しながら見てみます。